じょむとトルコンミスとちっひーの神隠し
じょむとトルコンミスとちっひーが徒然なるままに書き綴ったリレーブログ。愛して病まない(?)バイオリンパートとその他に送るはっちゃけたメッセージをあなたに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いることの意味
*****クラスの韓国人のともだち(7月は休暇にしちゃっていない。。。)のはなし。*****

アメリカの大学に留学中にトルコ人の彼と出会ったそうです。3ヶ月間つきあってその後韓国とトルコの遠恋。婚約。単身トルコでトルコ語の修行中、来年結婚。らしいです。

トルコでずーーーっと暮らす決断、すごいことです。
何もない。家族や友人はもちろんだけど、トルコ料理以外の食べ物は皆無(アンカラだからってのもあるけど)、材料も皆無、キムチのキの字も無い。
郷に入れば郷に従えとゆーけれど、従わなければ生きていけないのだ!
家族づきあい、親戚づきあい。近所付き合い。などなど濃ーーーーい付き合い(下手すりゃ毎日毎日まーーーいにち)の中に身を投じなければならないのだーーー。
とてもとても 考えられない。すごいこと。


でも、彼女に決断させたのは何かというと、やはり彼がめちゃくちゃに優しくて大好きであること。

そして韓国?日本の男性に比べて仕事よりも家族を大切にしてくれるところ。

そして極めつけ、
トルコで生きることがラハット(楽、気楽、楽しいetc..)なのだそうだ。韓国でも日本でも、生きるためには働かなくてはならない。働いても、生活は苦しかったりする。自分の人生、働くことだけかと思ったりする。トルコではかなり稼いでいる感じの彼と、上流階級的生活ができることの方が、ラハット、ラハットだそうな。

これには唸らせられたー 確かにね、と思った。(同時にそれのためにその他全ての苦労を乗り越えられるのかと考えさせられたが・・・)

日本からトルコに嫁に行く人は多い。彼女たちにとって、韓国人の彼女と同じ理由は多かれ少なかれありえそう。

でも、移民の動き?人の流れは、たいがい貧しい国から豊かな国へとです。豊かな国で出稼ぎして、国に帰ればかなりお金持ちになれますからね。

トルコ語を学びに学校に来てる子達も、大概トルコよりも貧しい(と思われる)国から来ている。アフリカのどこぞの国やら、近隣の中東諸国や、カザキスタン、トルクメニスタン、モーリスタン(モンゴル)など中央アジア諸国から、奨学金を貰ってきている子達がほとんど!!です。

グルジスタン(トルコ語と似ているらしい。初めて知った~)、ロシアからも多い。

ポツポツいるのがヨーロッパから来てる子達。ドイツ一人、イタリア人一人、いたなぁ。。。

全くいないのはアメリカ人・・・というか英語圏の人・・・

そして日本から私、アンカラ大に行ってるもうすぐ日本に帰ってしまう子達が2人、語学学校だけの子がもう一人。クラスには私だけだけど、結構多いですね!!

でも、やはり何故日本からわざわざトルコへ!!??と不審がられる。あんなに豊かな国にいて、トルコから何を学べるっていうの、何も無いじゃないっ!という勢い・・・ 
<<貧しい国→→→→→豊かな国>>に人が流れることが当たり前になっているというか、道理に適ったこととされているから、豊かな国から来るのなんてどうせ、物価の安いところで買い物を楽しんだり、観光したり、上流階級的生活をしたりするためでしょ、と思われていそうな気もする。

しかし全くそう思われて当然なのですよ。(私の書いてること、意味わかるかなぁ?)だってその通りですもんね。
私、日本にいた時はそーゆーこと全然考えになかった。勉強しに海外留学、当たり前じゃん、と思ってたです。
世界は貧しい国から豊かな国に流れていく・・・留学先で大学に入って工学やら医学やら勉強して、国に帰って役に立てたり、お金を稼いで国に送ったり。そんな当たり前のことが日本にいた時は全然実感できていなかったのね・・・・

でも豊かな国から貧しい国に人の流れない世の中ってどんなんだ。
やっぱり、海を渡って勉強しに行って、その国のことを知る人がいなければ、豊かな国は他の国のことをぜーんぜん知らないでいてしまう。研究者だけがふかーーーく知ることになる。。。多くの民衆は、他の国の貧しさも知らず、他の宗教がどんなかも知らず・・・・・

あ、無知で思い出したけど、今日コーラン学校に行ったら、ホジャ(先生)に、
「教育はとても大切です。日本の人も、イスラームの美しい教えを知らない無知な状態であるから、先祖崇拝(ブッディズムのこと?)など(バカな教えを?笑)信じているのです。皆交通規則を知っているからこそ、道路の平和(?)が保たれるのと同じことです。」
と言われて、バスの中でひっくり返りそうになったwww



無知ってナンじゃそりゃー!



「笑お、おいれみー?(そうですか、そうですね。)」って答えといたけど。。。


 

スポンサーサイト
【2006/07/06 05:59】 トルコンミス | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<トルココーヒー占い~~ | ホーム | マニアの買い物日記>>
コメント
無知って……。
一応啓典の民ですけど、私。
それでも、hocaにしてみれば無知ってことになるんでしょうかね?
【2006/07/06 22:49】 URL | もゆ #xkrvUG2I[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jtcvn.blog10.fc2.com/tb.php/128-f6ad927e
PROFILE
じょむとトルコンミスとちっひー
  • Author:じょむとトルコンミスとちっひー
  • じょむ
    ともするとどっかに飛んできそうな2人をつなぎとめてくれる・・・はず!スヌーピーとラルクをこよなく愛する彼は、この3人唯一の男の子です。
    トルコンミス
    トルコを愛しているのかは知らないが、わがオケを引っ張っていくコンミスはこの人。奏でる音の美しさと本人の強烈なキャラはまさにカリスマもの。
    ちっひー
    オケを心から愛するのはもちろん、オケと一緒に寝たりお風呂に入ったり、オケでご飯3杯はいける根っからのオケ好き。「2ndにちっひー在り」と恐れられている…かどうかは知らない。
  • RSS
  • CALENDER
    06 | 2018/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    RECENT ENTRIES
  • とるこ→日本(01/22)
  • トルコの・・・(01/16)
  • Mのしごと(01/15)
  • とるコの恋(01/13)
  • 惜別の辞・・・・・・何度目?(01/12)
  • RECENT COMMENTS
  • (01/31)
  • とるこ(01/19)
  • あす(01/18)
  • (01/18)
  • のび(01/17)
  • あす(01/17)
  • じょむ(01/09)
  • RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (10)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (8)
  • 2006年02月 (9)
  • 2006年01月 (7)
  • 2005年12月 (12)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (13)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (15)
  • CATEGORY
  • 未分類 (7)
  • じょむ (51)
  • トルコンミス (48)
  • ちっひー (39)
  • LINKS
  • 東京外国語大学管弦楽団
  • 按速度
  • ちょっと日記
  • the great journey
  • 一音懸命の日記
  • chameleon life
  • Imitation of Life
  • まりん君のでたとこ勝負の毎日
  • Coniglio HYPER RADIO
  • 【△▽▲】
  • クラシック音楽へのおさそい
  • よーこさまブログ
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。