FC2ブログ
じょむとトルコンミスとちっひーの神隠し
じょむとトルコンミスとちっひーが徒然なるままに書き綴ったリレーブログ。愛して病まない(?)バイオリンパートとその他に送るはっちゃけたメッセージをあなたに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
潜入捜査! 警察署編
おそろしいほど(ネット上では)無反応、このまま書いていいのかこのシリーズ。でもこのままでは教訓が書けていないので、書きます、なぜか今日来たかっしーの目の前で(しかもこのこと知らなかった彼です)。

さて、カツアゲに遭い、なんとか解放された僕らは交番まで向かいます。

そのときは(うさCがどう考えていたか分からないけど)まぁしょうがねぇや、でもどうすればよかったか後学のために聞いておこうと思って向かっていたのだが……

びっくりしました。想像以上に大事になりました。

交番まで(時々尾けられていないか後ろを確認しつつ)歩いていき、無事交番まで到着。
恐喝に遭いました、と言うとおまわりさんにいろいろ聞かれる。
時間、被害額とか、犯人の容貌、服装などなど。

ここで思うことは、そんなに覚えてないなぁということ。
やっぱり余裕がなかったんだね。そして人相などを説明するのはとても難しいです。特に単語力のない僕には、髪型とかをなんと言えばいいか分からないからね。こういう時困ります、えぇ。

そしておまわりさんは本部(?)に入電。そののち無線連絡が入る。
内容聞いてるとちょっと悲しい。とゆうか、正直言うとこの時点で「カツアゲって恐喝なんだ」みたいなボケをかましていました。
やれやれ、純チンピラ風の方々の企みは失敗に終わったというのだろうか?悔しいけどたぶんどうでもいいんだろうけどね。

そして本部(府中警察署)よりパトカー到着。
2人がパトカーより出てきて交番のおまわりさんが無線連絡で間違っていたところの訂正を入れる。そんな作業するんだ、と思い眺めていたら
「じゃそのPCに乗せて現場まで連れてって」
ほへ?PC?いや言いたい事分かるけど、その略し方どうなの?
パトカーってPCって略すんですね。別に隠す必要ないし、パトカーでいいと思うのは素人なんでしょうか?ならいわゆる覆面パトカーはなんて言うの?
覆面パトカーで辞書を引いてみる
an unmarked patrol car
とのこと。ならUPC?なんかCPUみたいだね(パソコンに固執)
……聞けばよかったかも。

そしてPCに乗り込んだ僕の第一印象
「あぁ、いい車だな。すわり心地いいし」
でした。まぁ移動も多い職業柄だししょうがないか。それにしてもハイテク機器の多いこと。カーナビ以外のシステムはよく分かりませんでした。
「もし犯人見かけたら教えてね」と言われ、いないだろうなぁと思いつつ目を凝らす。でも内心、犯人いたらどうするんだろうと不安でした。
どうするんだろう?いいことあるのだろうか?あんまない気がします。

さてはて、PCに乗せられ現場に急行した僕らの後に2台ぐらいPCやらUPC(暫定)がやってきます。
そして「刑事さん」なる人と会いました。

あ、刑事ドラマでいそう(西部警察?)
まず「踊る」みたいなおしゃれ系ではないです。
かといって「はぐれ」でも「危ない」でもいないかな~
なんか一歩間違ったらあなたも犯人側な気がするお方でした。
ちなみに後で分かりましたが課長さんらしいです。
やっぱりあぁいう格好をしているのは犯人になめられないためなんだろうか?
というかあの刑事さんに恐喝されたらすぐに金を出したと今更ながら思う……

なんか失礼なことを書きました。すみません、お仕事を増やしてしまって。
感謝しています。
さてはて、現場では何か妙な作業をされていました。

まずこれは分かるんだけど現場を確認し、その後現場を指差した僕らの写真を撮られました。まぬけそうで嫌だったんだけど……ちっ間抜けに違いないか。
次に謎の作業、道路の道幅とかを測っていました。さてこれ、恐喝事件の場合重要なのでしょうか?むー、よく分からん。縦横斜めと測っていたのですが、その作業を見ながら…
「これが殺人とかの重大事件だったら犯人が吐いたつばも重要な証拠だよな」とか思いつつ犯人が吐いたつばの位置を見つつも、警察的には重大事件ではないので黙って見ていました。
DNA鑑定とかしてもね、どうしようもないわな。(鑑定ができたらの話)

ちなみに驚いたのは、PCの屋根についているサイレンって上がるんだよね。
車内のスイッチで自動で上下するみたい。
うぃーんという感じで上がっていくサイレンを見ておぉ!と思った。何がおぉ!なんだ。でもなんか印象に残ったシーンだった。

とまぁ、現場でもいろいろ話を聞かれ、そのままPCに乗って府中警察署へ。
府中警察署、はじめて来たのが夜の11時過ぎってのは強烈でした。薄暗いし、ちょっと怖い。でも思ったより奥行きがあってそれなりに広かったです。

さほど大きい事件はなかったのだろうけど、けっこう丁寧に対応してくれました。
まず3F刑事課へ連れられ……
ここでうさCと僕は別々に調書を取られることになりました。
でもさ、名前聞いてないからしょうがないことは分かるんだけど
「1500円の方」と「7万円の方」という言い方はちょっと…傷つきますよ?

そして取調室へ通されます。
そこで被害時の服装を記録に残さなきゃいけないみたいで、全身写真を撮られました。ひどい顔をしてたんだろうな、見たくありません。
取調室では被害者だからドアを開けっ放しにしてくれたからいいんですが、加害者だったら…と思うと恐ろしいです。緑系の内装で机に4脚の椅子、まさに「取調べ」のための部屋でした。こんな部屋で刑事さんたち3人で囲まれたらびびります。加害者じゃなくてよかった……
さて、僕の担当者がノートパソコンを持ち出してきました。
このとき僕の脳裏に浮かんだのは、
もしかして犯人の似顔絵を書くのか?そういうプログラムあるそうだし。
ってことだったんだけど、見事に外れました。

調書(+被害届)です

そんなもの書くとは思いもしなかったです。
何度目でしょうか、事件のあらましを伝える、で済むなら大したことなかったんだけど、調書ってやっかいです。
書き始めるときに説明してくれたらよかったと思うんだけど

○調書は事実を書くものであって、主観はいらない

ということです。みなさん、調書を書くような事態に…なっちゃだめです。被害者でも加害者でも。
ちょっとだけ説明すると、言葉が聞き取れなかった場合「聞こえなかった」と言うべきで「~~って言ったと思う」ではだめなんだそうです。
それを理解していないために、長々と説明してしまった。

長くなった理由は他に、担当者が新人さんだったってこともあります。
だって…
「マル害 調書作成マニュアル」
見ながら打ってたもん。どこも同じですね。
しかも眠いのか、打つのがやたら遅かったし……正直自分に打たせてもらいたかったな。
後半は僕も疲れて眠くなってきた+調書取られるのも慣れてきたのでスピードアップ。
今ブログを書いてる僕も疲れてきてスピードアップ(爆)

まぁ、なんだかんだでできた調書+被害届を見てみる。
まず被害届
書いてあることが…事実なんだけど、情けなくて涙が出ます。
特に最後。
「さっさと去れと言われたのでその場を後にしたので犯人の逃走方向は全くわかりません」
悲しいね
次に調書
やたらめったら誤字脱字があるのが気になりましたが、眠かったのですね。
しかし7ページにわたる大作になっていました。このブログみたい。
うさCはどのくらいだったのだろう?

調書が書き終わったのが大体午前3時半
1時間ほど早く終わったらしいうさCと合流。
そのまま担当してくれた人たちに送ってもらいましたとさ。
ちなみに僕はその日の朝バイトが入っていたんだけど、バイト先に行って深夜の人に延長を頼みました……ありがとう。

あぁ、眠い。もう駄目だ。
なら書くなって感じですね。とりあえず今日はここまで
スポンサーサイト
【2005/08/08 00:00】 じょむ | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<ひきこもりじょむの日記 | ホーム | 集中講義 レポート 「恐喝(カツアゲ)にみる語用論」>>
コメント
お疲れ様です。昨日はそのうさCのうちに行くか、きみんちに行くかだったけど、さすがに5人はきつそうだったからうさCのうちで呑んでました。毒はいたらすっきりしたわ~。
私も実は深夜に警察署いったことあるんだな。車にひかれたときにね。被害者なのにつらかったよ~
【2005/08/09 10:39】 URL | ちひ #-[ 編集]
>>ちひ
君も警察のやっかいになった経験があるのか
きのうはどーもありがとー
【2005/08/09 15:15】 URL | うさC #-[ 編集]
コメントを書くのが本人に会うより後になってしまいました。
事故ってあのときか。そういや事故った時も調書書くのかな?そいつはめんどいな。しかも疑われたりするとすごい大変。
何はともあれお互い大変でした。
【2005/08/13 21:26】 URL | じょむ #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jtcvn.blog10.fc2.com/tb.php/41-94dc0355
PROFILE
じょむとトルコンミスとちっひー
  • Author:じょむとトルコンミスとちっひー
  • じょむ
    ともするとどっかに飛んできそうな2人をつなぎとめてくれる・・・はず!スヌーピーとラルクをこよなく愛する彼は、この3人唯一の男の子です。
    トルコンミス
    トルコを愛しているのかは知らないが、わがオケを引っ張っていくコンミスはこの人。奏でる音の美しさと本人の強烈なキャラはまさにカリスマもの。
    ちっひー
    オケを心から愛するのはもちろん、オケと一緒に寝たりお風呂に入ったり、オケでご飯3杯はいける根っからのオケ好き。「2ndにちっひー在り」と恐れられている…かどうかは知らない。
  • RSS
  • CALENDER
    08 | 2018/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    RECENT ENTRIES
  • とるこ→日本(01/22)
  • トルコの・・・(01/16)
  • Mのしごと(01/15)
  • とるコの恋(01/13)
  • 惜別の辞・・・・・・何度目?(01/12)
  • RECENT COMMENTS
  • (01/31)
  • とるこ(01/19)
  • あす(01/18)
  • (01/18)
  • のび(01/17)
  • あす(01/17)
  • じょむ(01/09)
  • RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (10)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (8)
  • 2006年02月 (9)
  • 2006年01月 (7)
  • 2005年12月 (12)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (8)
  • 2005年08月 (13)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (15)
  • CATEGORY
  • 未分類 (7)
  • じょむ (51)
  • トルコンミス (48)
  • ちっひー (39)
  • LINKS
  • 東京外国語大学管弦楽団
  • 按速度
  • ちょっと日記
  • the great journey
  • 一音懸命の日記
  • chameleon life
  • Imitation of Life
  • まりん君のでたとこ勝負の毎日
  • Coniglio HYPER RADIO
  • 【△▽▲】
  • クラシック音楽へのおさそい
  • よーこさまブログ
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。